登山ガイドの反省会

皆さまの叱咤激励を受け反省と精進の日々でございます

前穂高岳 3091m

暫くは山影 涼しく快適に標高を上げる 紀美子平 人出は少ない 穂高稜線~槍ヶ岳 今年の晴天運はまだ残っていたようだ 短い紅葉シーズンが始まった

甲斐駒ヶ岳 2967m

秋晴れ 感謝 鋸岳の向こうに北アルプス 摩利支天と富士さま こもれび山荘手前まで降りてきた カラッカラの身体に潤いを

栗沢山 2714m

山頂直下の岩々 案外険しい 甲斐駒ヶ岳と摩利支天 瑞々しい苔の森 やはり南アルプスの真骨頂

玉原高原

玉原湿原 夏と秋の端境期 まだ人出は少ない 広大なブナ美林 ブナ地蔵 思わず手を合わせる 気持ちの良い道が続く

武尊山 2158m

オグナ武尊スキー場からスタート 朝一のゲレンデはキツい 岩々の痩せ尾根ルート 山頂にて みごとにガスガス 下山はブナの森から武尊牧場へ ココは気持がいい

唐松岳 2696m

昨夜の土砂降りからスッキリ晴れ渡り 立山剱方面 どっしりと五竜岳 8時過ぎには雲が やはり山中1泊はお得です

蒜山 1202m

笹原の縦走路 日本海側からの風が心地よい ところどころブナ林 隣の大山は…山頂拝めず 下蒜山~中蒜山~上蒜山 ココは縦走が楽しい

黒部五郎岳 2840m

カール内の奇石が朝日に照らされ絶景を織りなす いつまでも佇んでいたい 長~い稜線歩きが続く 黒部源流エリアはアルプスの秘境とも 営業小屋のおかげで冒険気分

利尻山 1721m

奇麗な山容 利尻富士 隣の島 礼文島 海上の安全祈願も スクリューがいっぱい 今日のお友達

十勝岳 2077m

富良野岳を横目に十勝岳温泉からスタート 上ホロカメットク山から十勝岳を望む それにしても遠い 迫力ある噴煙と爆裂火口 広大なお花畑 歩きごたえのあるコースでした

大雪山 旭岳 2291m

灼熱の名古屋から北海道上陸 早々に「もう帰りたくない」 山頂直下の金庫岩 トムラウシ方面 白雲岳方面

乗鞍岳 3026m

位ヶ原から入る 人は少ないけど花が多い 大雪渓は大盛況 爽やかな風が頬をなぶる いっとき下界の猛暑を忘れてた

鳥海山 2236m

長~い雪渓歩き 山頂直下の岩稜帯 ニッコウキスゲ咲き乱れ バラエティに富んだお山です

北八ヶ岳

北八ヶ岳の池めぐり 七ッ池と北横岳ヒュッテ 北横岳から大岳への稜線 緑の下は岩々 今宵の宿 双子池ヒュッテ ロケーションよし食事よし そして安い グズグズの天気なら北ヤツ徘徊がおすすめ

至仏山 2228m

ツルツルの木道 緊張が続く 逆さ燧ヶ岳…残念 この辺までの展望は良かった 風もなく視界も無く 静かな山頂でございました

燧ヶ岳 2356m

東北最高峰へ 涼しいうちにスタート 陽射しはきついが雪渓歩きは気持ちいい 怪しい雲がどんどん湧いてくる 本日は雷雨で〆

秋田駒ヶ岳 1637m

終始こんな感じ でもお花は通常営業 瑞々しい これまた大群落

岩手山 2038m

下界は穏やかだが山頂は爆風 御鉢の淵に辿り着くのが精一杯 でもいいんです この娘たちに逢えれば 吹き飛ばされる寸前の山頂から灼熱の下界へ ほどなく順応できる人間ってすごい

八幡平 1613m

ザザ降りで閑散としてましたが… 花は盛りです ミネザクラ ヒナザクラ

燧ヶ岳 2356m

雪渓歩きは涼しくて気持ちいい 遠方に会津駒ヶ岳 平ヶ岳 中ノ岳 越後駒ヶ岳 朝めし前の尾瀬ヶ原散歩 これ必須 長沢新道 富士見田代より燧ヶ岳を望む

八甲田山 1585m

赤倉岳 井戸岳 大岳 八甲田ワンツースリー 遠くに岩木山 毛無岱 水芭蕉が盛り

蔦七沼

樹間から コバルトブルーの蔦沼 鏡沼 奥入瀬渓流 っぽい

秋田駒ヶ岳 1637m

展望に恵まれた お隣の森吉山 まだ残雪多し 鳥海山 遠く八甲田山 岩手山 ほどなく雲海の中へ

蝶ヶ岳 2677m

上高地 動物園 クマ 昼寝中か ライチョウ なぜかしばらく片足立ち 北アルプスにも遅い春が来た

天城山 1406m

天気に恵まれた 富士さまも拝めた 愛知県民の我々はテンションUP! ブナ林に癒される 森の美しさに時と疲れを忘れ徘徊した18km

城山 342m

ガレ場でツルツルの急登 いいトレーニングになる 程なく山頂 展望抜群 狩野川沿いに大仁の街 遠方に箱根の山並み 遠笠山と天城連山

天狗岳 2646m

麦草峠から入る 西天狗から東天狗を望む 槍と穂高 雪の溶けた所は苔の絨毯が敷かれています

オハイ(大配)

いただきやま サクッとピークハント ハリカケ岩 眺望抜群 秘境オハイ 今日の目的地はココでした

涸沢カール 2309m

今年の残雪期は夏ルート この辺が一番キツい でもテンションUP! テントは少なめ 翌日 コンディション悪く奥穂アタック組も早々に下山

俵山 1095m

真ん中の奥が俵山 アップダウンの少ないゆる~い登山道 新緑が眩しい うっすらと九重山 阿蘇山 先日入山規制が解除された