登山ガイドの反省会

皆さまの叱咤激励を受け反省と精進の日々でございます

蛇垰山

ピリッと冷え込んだが風もなく穏やかな一日 雪のトンネル 南アルプス お隣の大川入山にもそそられます

網掛山

冬枯れの森 陽射しが暖かく心地よい 落ち葉ラッセル サクサク蹴散らし心地よい 絵画のような眺望 南アルプスパノラマ 名湯昼神温泉付き忘年山行でありました

南沢山

12月にこんな近場で雪山 うれしい 南沢山 眺望は残念 樹間からチラリ 間ノ岳

木曽駒ヶ岳

猛ラッセルと激風に叩かれながらも 八丁坂クリア ここでタイムアウト でも充足感とラッセル筋肉痛はしっかり残ってます

尾鷲トレイル 八鬼山と高峰山

尾鷲の街を眺めながらの縦走 フワフワ 登山道 突然開けた ケーブルで搬出するのか…ふ~ん 巨木にも遭遇 長い道程だが眺めがよいので飽きない

衣笠山

300m未満の山とは思えない大展望 奇石の山でもある 恐竜の背 乗っちゃいます 低山侮るなかれ ピリ辛のルートでした

金時山

通年賑やか 芦ノ湖方面 大涌谷方面 金時宿り石 なかなかの割れっぷり 今年は色々ありましたが色々ありがとうございました。

岩伏山

すっかり落葉した初冬の里山 登り覚えのある奥三河の山々 苦も無く山頂へ 皆さんニコニコでしたが… 急な下りとズルズルの落ち葉で悪戦苦闘 巨石奇石を横目に冷や汗タラタラの激降下でありました

尾鷲トレイル 天狗倉山と便石山

尾鷲トレイル全37km走破(予定) 対岸の左端はゴール(予定)地点 熊野古道も歩く ひたすらの階段に季節外れの大汗 長い道程も絶景に救われる 尾鷲市内

大杉谷

スタートからこんな感じ テンションUP 人間ってちっぽけだな~って ご家族には見せられない画像 理屈抜きで美しいエリアでございます

妙義山

小春日和 半袖OK 今日は多くの稜線縦走者がいたらしい 皆様 お気をつけて

荒船山

サクサクっと どこでも歩いちゃう ひざに優しい一日でした

筑波山

好天に恵まれ平日にも関わらず人出が多い 岩場もある ナメると滑る 山容のきれいな男体山 展望抜群の女体山からロープウエイ方面

浅間隠山

唐松林 明るく暖かい 妙義山 展望抜群の山頂 噴煙を上げる浅間山 迫力あり

黒斑山

苔の森 浅間山ど~ん! 黒斑山から先へ まあまあ危険 異彩を放つ妙義山がちらり

立山

大日が朝日で輝く 槍方面は雪少なめ 雄山山頂も人少なめ 左奥に剱岳

岩岳

山頂から 奥三河8ピークスの三瀬明神山 こちらも奥三河8ピークスの竜頭山 極狭の山頂 残念ながらトコロテン方式で早々に下山 藪漕ぎ覚悟だったススキの原 きちんと下草狩りされてました

野谷荘司山

ガスが薄れ白山が登場 三方岩岳 野谷荘司山頂は満員御礼 良いタイミングで入山できました

天生湿原

紅葉期には大人気のエリア 台風予報で閑散 ブナの森 これからが見頃 どこを切っても絵になる

高嶺

すこぶる快適な登山道 と思ってたら道が消えた 南アルプス 左奥に恵那山 まだまだ暖かな日が続きます

百々ヶ峰

蒸し暑い一日 やぶ蚊に刺されまくり ベンチは全て人数制限あり 岐阜城のある金華山を望む 大河ドラマ再スタートで結構賑わっていたらしい 百々ヶ峰山頂 こちらは人少なめ

前穂高岳

静かに荘厳な夜明け 乗鞍岳 西穂の稜線 見ては止り 止っては眺め 眺めては撮り なかなか前に進まない 明神岳 少し色付いてきた 下山 疲れた身体には優しい道でした

鹿島槍ヶ岳

微妙な天気予報でしたが…結果オーライ 八峰キレットと五竜唐松方面 立山と剱 テンション上がるぅ~ 運動不足? 心配ご無用でした

高賀山

大展望の山 後ろは白山 北アルプス 森歩きも楽しい 藪、倒木、崩落、コロナ自粛で人が少ないせいかワイルドな道と化す 加部峠ルート

岩木山

手ぶらが多い 残念 まっちろけ 岩木山神社 境内からはちゃんと拝めました

天蓋山

残暑お見舞い 激登に大汗 いろいろ 吹き抜ける風は爽やか 田部井淳子氏 お気に入りの山だそうな

八ヶ岳 天狗岳

涼しいうちに急登をこなす まず西天狗へ 東天狗山頂 まあまあ密か 雨上がり 緑が映える

10/31出発 初冬の立山~雄山

bistari tour 初冬の立山~雄山 ほどよい寒さ ほどよい積雪 そして温泉

10/10出発 野谷荘司山と天生湿原

bistari tour 白川郷の里山と森 野谷荘司山・天生湿原

高鳥屋山

フワフワの道と深緑に癒される 南木曽が見える 山頂小屋から 中央アルプス南部の山々が…残念