登山ガイドの反省会

皆さまの叱咤激励を受け反省と精進の日々でございます

大川入山 1908m

季節外れの降雪 このくらいなら許容範囲か 稜線はビュービュー さすがにキツかった イワウチハ 自然は厳しい

金華山 329m

恒例の登山教室が始まる 芝生に座ってのレクチャーも でも彼には退屈 新緑が眩しい ゴンドラの混雑を避け自力で登頂する人が多い 昨今

夏焼城山 889m

山頂から ゆったりとした山容の恵那山 アンテナ多し 蛇垰山 意外にコケの森だったりもする 奥三河に春が来た

高鳥屋山 1398m

南アルプス ぼちぼち山小屋営業再開の情報が入ってきている 居心地よい山頂小屋 待ち遠しい新緑

青森へ

御嶽山 乗鞍 槍・穂高 火打・妙高

福地山 1672m

オオカメノキの新芽 何かに似てる? 西穂方面 山頂へ着いた頃には残念ながらガスってしまいました

天蓋山 1527m

山頂は360度の大展望 薬師岳 剱岳も 左の雪の着いてない▲ ブナ林もよかった

青葉山 693m

雰囲気の良い森 残雪も味わえて スリリングなトラバース 風雨に叩かれながらも元気に歩ききった

富士見台 1739m

ズボズボ進む あまりにも雪解けが進んでてビックリ それでも場所を選べばもう少し遊べます

霊山

登山口の霊山寺 3月とは思えない寒さ 寒いはずだ 下山口の田代池 ここは暖かい

蛇垰山

ピリッと冷え込んだが風もなく穏やかな一日 雪のトンネル 南アルプス お隣の大川入山にもそそられます

網掛山

冬枯れの森 陽射しが暖かく心地よい 落ち葉ラッセル サクサク蹴散らし心地よい 絵画のような眺望 南アルプスパノラマ 名湯昼神温泉付き忘年山行でありました

南沢山

12月にこんな近場で雪山 うれしい 南沢山 眺望は残念 樹間からチラリ 間ノ岳

木曽駒ヶ岳

猛ラッセルと激風に叩かれながらも 八丁坂クリア ここでタイムアウト でも充足感とラッセル筋肉痛はしっかり残ってます

尾鷲トレイル 八鬼山と高峰山

尾鷲の街を眺めながらの縦走 フワフワ 登山道 突然開けた ケーブルで搬出するのか…ふ~ん 巨木にも遭遇 長い道程だが眺めがよいので飽きない

衣笠山

300m未満の山とは思えない大展望 奇石の山でもある 恐竜の背 乗っちゃいます 低山侮るなかれ ピリ辛のルートでした

金時山

通年賑やか 芦ノ湖方面 大涌谷方面 金時宿り石 なかなかの割れっぷり 今年は色々ありましたが色々ありがとうございました。

岩伏山

すっかり落葉した初冬の里山 登り覚えのある奥三河の山々 苦も無く山頂へ 皆さんニコニコでしたが… 急な下りとズルズルの落ち葉で悪戦苦闘 巨石奇石を横目に冷や汗タラタラの激降下でありました

尾鷲トレイル 天狗倉山と便石山

尾鷲トレイル全37km走破(予定) 対岸の左端はゴール(予定)地点 熊野古道も歩く ひたすらの階段に季節外れの大汗 長い道程も絶景に救われる 尾鷲市内

大杉谷

スタートからこんな感じ テンションUP 人間ってちっぽけだな~って ご家族には見せられない画像 理屈抜きで美しいエリアでございます

妙義山

小春日和 半袖OK 今日は多くの稜線縦走者がいたらしい 皆様 お気をつけて

荒船山

サクサクっと どこでも歩いちゃう ひざに優しい一日でした

筑波山

好天に恵まれ平日にも関わらず人出が多い 岩場もある ナメると滑る 山容のきれいな男体山 展望抜群の女体山からロープウエイ方面

浅間隠山

唐松林 明るく暖かい 妙義山 展望抜群の山頂 噴煙を上げる浅間山 迫力あり

黒斑山

苔の森 浅間山ど~ん! 黒斑山から先へ まあまあ危険 異彩を放つ妙義山がちらり

立山

大日が朝日で輝く 槍方面は雪少なめ 雄山山頂も人少なめ 左奥に剱岳

岩岳

山頂から 奥三河8ピークスの三瀬明神山 こちらも奥三河8ピークスの竜頭山 極狭の山頂 残念ながらトコロテン方式で早々に下山 藪漕ぎ覚悟だったススキの原 きちんと下草狩りされてました

野谷荘司山

ガスが薄れ白山が登場 三方岩岳 野谷荘司山頂は満員御礼 良いタイミングで入山できました

天生湿原

紅葉期には大人気のエリア 台風予報で閑散 ブナの森 これからが見頃 どこを切っても絵になる

高嶺

すこぶる快適な登山道 と思ってたら道が消えた 南アルプス 左奥に恵那山 まだまだ暖かな日が続きます